お金に余裕がない…キャッシングを考えた

どうしても、その日にお金が必要でいつものキャッシングを利用しようと考えました。
しかし、お金が振り込まれるのは翌日なので何の意味がありません。
僕は今お金が欲しくて、支払いをしなければいけないのに次の日では駄目なのです。
友人何人かに相談しましたが、金額が数十万だったので、あっさりと断られてしまうのです。
確かに1000円程度のお金なら貸してもらえるかもしれませんが、10万を超えてしまうと誰も相手にしてくれないものですね。
現実の厳しさにショックを受けているヒマはなく、何とか両親に頼み込んで半分は手に入りました。
しかしまだ足りないのです。
そこでネットキャッシングを使うしかないと判断しました。
しかしこれが、またまた災難続きで、コンビ二で利用できないとカードが戻ってきてしまったのです。
結局、必要な金額は手に入らず相手先にも迷惑を掛けてしまいました。
そして同時に僕の信用も失われてしまったのです。
後々わかったことですが、キャッシングの枠に余裕があれば、どこにでもあるATMでキャッシングはできるのですが、キャッシングの枠が振込みでいっぱいになっていれば、先に申し込みしたほうが枠を確保するので限度額が足りていない場合にはキャッシングはできないというのです。
そもそも僕がお金に余裕がないのに、高望みして借り入れてしまったことがキッカケなのですが、これほどまでにお金は信用をなくしてしまうものだということに改めて気付かされました。

もっと詳しくキャッシングの事を知りたいなら→キャッシング比較